FC2ブログ
適応障害で脊椎管狭窄症だけどタイに憧れ→国籍離脱計画
早く日本から逃げ出し、安心して暮らせる様になりてー。
プロフィール

 

Author: 
30代前半から適応障害を何度か繰り返すが、未だ回復しない休職中サラリーマン。その後、脊椎管狭窄症を発症し、毎日、痺れて痛い。一生治らないのかなぁ~。一方、日本国籍離脱の憧れは募るばかり。と、勝手にほざきつつ、実は「単なる日記」じゃーねーの?

FC2カウンター

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

大便も小便も出るから、起きちまった!
あー、目覚めちまったはなー。
そう、なんらかんら言っても、小便も大便もしたくなる訳ですはなー。
そう、飛行機の中では、それなりに、食ったしさー。
到着した飛行場でも食ったしさー。
そう、スペイン語が、よく分からんからさー、食べられる時に食べておかねーとさー。
つまり、狩猟民族と同じだろ?
まあ、某衰退国のそれなりの街みたいにさー、24時間コンビニがあるとか、あれ、世界から見れば、「異様」としか思えないからなー。
って訳で、とにかく、「出たー」からさー、今度は食べねーとなー。
まあ、このホテルの周りに、何があるかを探りに行かねーと。
そう、こんな所、来たこともなく、周りがどうなっているかなんて分かる訳がない、ない、ない、ない、ない、ない、ない。
ってことで、とにかく、日持ちがする食料が売っていたら、買いだめしねーと。
そう、東アジアが崩壊したらさー、南米だって、ただでは済まないからなー。
流通や物流が、滞るのも想定しないとさー。
まあ、まあ、まあ、常識だ~ね。
ってことで、とにかく、なにか食らってさー、今後のなり行きを見届けねーと。
まあ、こんなの、「楽観視」する輩もいるし、「悲観視」する輩もいるし。
いずれにせよ、何かあっても、お互いに「助ける力はない」からさー、「助けてもらうのが当たり前」なんてことは、あり得ないからなー。
そう、ハイチやスマトラで大地震があっても、某衰退国の庶民のうち、いったい何名が、食料や医薬品や日用品を持って、自力で現場に駆け付けて、「完全手弁当」で、ボランティア活動したのかな?
まあさー、NPOやNGOのメンバーとして、何らかの見返り(泊まる場所や食料や日銭)を受けて、やった輩はいるかも知れないけど。
結局、この様に「日々の糧を得ていた」んだったらさー、まあ、ビジネスだ~ね!
そう、よくいるでしょ、ボランティアと言いながらさー、「観光ビザ」で渡航してさー、「日々の糧を得ている」輩とかさー。
ちゃんと、「ビジネスだ」って言えばいいのに、そいつら、「違法であることが分かっている」し、「恥ずかしい」のか、バカな輩を「騙すため」に、そんなこと一言も言わないだろ!
ってことで、私は、「助ける能力がない」し、「助ける義理もない」し、「助ける意思もない」からなー。
ってことで、私が生き残るために、私は、私の力で、頑張らねーと。
まだまだ、いつ、北が「ボタンを押す」か分からないから、私なりの「リスク管理」を続けねーと!
まあ、どうせ巻き込まれるならさー、直撃を受けて、即死するのが一番いい気がする。
そう、痛みや辛さなんて、一瞬だからなー。
痛みや辛さに悶えて死んでいく方々を、何度か見てきたけどさー、もう見ていられないって感じだったからなー。
スポンサーサイト




テーマ:適応障害 - ジャンル:心と身体


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

相互リンク等

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

RSSフィード