FC2ブログ
適応障害で脊椎管狭窄症だけどタイに憧れ→国籍離脱計画
早く日本から逃げ出し、安心して暮らせる様になりてー。
プロフィール

 

Author: 
30代前半から適応障害を何度か繰り返すが、未だ回復しない休職中サラリーマン。その後、脊椎管狭窄症を発症し、毎日、痺れて痛い。一生治らないのかなぁ~。一方、日本国籍離脱の憧れは募るばかり。と、勝手にほざきつつ、実は「単なる日記」じゃーねーの?

FC2カウンター

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

年齢しか自慢できるモノがないと悲惨!
さーて、朝飯も食らったし、しばらくしたら筋トトレでも始めるかなー。
今日は、雲が多いみたいだからさー、ホテル内で、適当に過ごすか?
あー、そう言えばさー、昔さー、サラリーマン時代にさー、途方もないバカな奴がいたなー。
そう、正社員なんだけど、50歳代半ばのジジイなのよ。
こいつ、普段、中学生のバイトや、パートのバアサンがやる仕事レベルの仕事と言うか、娯楽かなー、そんなことしかしてなかった。
ってか、あまりに、「使えない」から、その程度のことしか任せられないのよ。
失敗しても、たいした被害しかない、そんな仕事だね!
そう、このジジイ、ごく一般に、「年齢しか自慢できるモノがない?」と言う類いの、社会生活上の能力が「著しくマズい」ジジイだったはなー。
業務上、何も努力してこなかった、努力できなかった、悲しいジジイだな。
文章を書かせても、添削で指摘しきれないぐらいほど日本語能力がないしさー。
結局、永遠に文章は出来上がらずでさー。
一方、自己顕示欲だけは、むちゃくちゃ旺盛で、ルール無視で、勝手に物事のやり方とか変えていたねー。
そう、この辺りのことは、普通、入社した時の員研修で、こっぴどく教え込まれるはずなんだけど、たぶん、毎晩の晩酌で、二日酔いが祟って、話なんか聴いていなかったのだろー?
なんか、オリジナリティーを出そうと、悲しい誤解をして、勝手にプロセスとか変えて、それで、尻を拭く能力もある訳がないしさー、「最低最悪の行為」を繰り返す常習犯かなー。
つまり、つまり、こいつは、存在自体が、「極端に迷惑」であり、「知能は乳児」なのよねー。
誰かが、一緒に仕事をしても、常にものすごいミスや、恣意的にミスを起こすから、こいつが関わるプロジェクトは、すべて赤字だった。
だから、高校生やオバアチャンがバイトできることぐらいしか、任されなくなったんだったよなー。
そう、社会人一年目程度のスキルもなく、誰もこのバカに関与する輩もいなくなったよねー。
そう、干されていたはなー。
まあ、しかたがない、「信用できない」かつ「仕事を任せられない」から、行き着く場所は、、、、。
50歳代のアホに仕事を教えても、身に付く前に「定年」だから、誰も、そんなバカなまねをするはずがなく。
まあ、まあ、まあ、同僚のスタンスは、「とにかく関与しない」が、暗黙の了解だったはなー。
で、このバカ、プライドだけは高いから、とにかく目を引きたがって、もう、業務命令を無視して、勝手にやっていたはなー。
そう、年齢しか自慢できるモノがないから、「超々意識高すぎる系」ぐらいにしかなれる訳がないのよ!
最後は、コンプライス違反と背任行為で、懲戒だったかなー。
それが決まると、職場では、無言の拍手喝采がおきたはなー。
まあ、これが、レベルが低すぎて、使い物にならない輩の最期だったはなー。
当然、送別会なんて、誰もやるはずがなく。
最後に私物の整理をしにきたのかな、とにかく、無視をされ続けていたはなー。
それで、消えていった。
まあ、住宅ローンも抱えていたみたいだし、世間に通用するスキルは、「年齢だけ?」だったから、今ごろ、良くて生活保護ぐらいじゃねーかなー?
どうでもいいか、他人事。
私は、こいつの親でもなんでもないからなー。
まあ、これが、こんな奴がいたと言うご紹介で~す。
私としては、二度とお会いしたくは、ない、ない、ない、ない。
そう「バカウイルス」は、変異しやすいから、空気感染するようになるだろうから、超々々恐い。
スポンサーサイト




テーマ:適応障害 - ジャンル:心と身体


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

相互リンク等

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

RSSフィード