FC2ブログ
適応障害で脊椎管狭窄症だけどタイに憧れ→国籍離脱計画
早く日本から逃げ出し、安心して暮らせる様になりてー。
プロフィール

 

Author: 
30代前半から適応障害を何度か繰り返すが、未だ回復しない休職中サラリーマン。その後、脊椎管狭窄症を発症し、毎日、痺れて痛い。一生治らないのかなぁ~。一方、日本国籍離脱の憧れは募るばかり。と、勝手にほざきつつ、実は「単なる日記」じゃーねーの?

FC2カウンター

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

劣った親からの「遺伝」だろーなー、しかたがない!
さーて、もうそろそろ、某衰退国では、陽が暮れるんじゃねーかなー。
今日がさー、ゴールデンウィークの初日だろ?
ってこっとは、明朝あたりさー、テロとかが起きたら、かなり、パニくるんじゃねーのかなー。
まあ、政府は、それなりにさー、防止を考えているのだろーけど、海外からの旅行客もいるしさー、国際空港なんて、かなり混んでいるんじゃねーのかなー。
成田の第3ターミナルとか、関空とかさー、かなりLCCとか離発着しているしさー、まあ、ターゲットとなるなら、この辺りじゃねーのかなー。
まあ、こんなの「起きてみないと分からない」系だからなー、起きるときは、起きるだろー。
もうさー、昨年ぐらいからさー、諸外国の空港でもさー、テロが続出だからなー。
このチャンスを狙ってさー、誰かが、仕掛けるってこともあるんじゃねーのかなー。
そう、一番混んでいる時期と言っても過言ではないし、ダメージを与えるには、好都合の様な気がする。
でも、大丈夫なはず、だって、「テロなんていつ起こるか分からない」しさー、「起こってっも受け入れるしかない」とさー、皆さん腹をくくったうえでさー、利用しているだけだろーからなー。
そう、違うならさー、自分でさー、空港を保有しさー、自分でさー、管理しさー、自分で防衛してさー、それで、やっと「それなりに安心して使える」ぐらいだからなー。
まあ、お金で解決できそうな話だからさー、何も難しいところはないだろ?
そう言うこともせずに、既存の空港を多数の方々で利用しているのだからさー、そりゃー、何かあってもさー、、、、。
そう、こう言う時はさー、「出来ない理由」をほざいて、「悲劇のヒロインを装う」って作戦は、誰も興味は持たない。
だってさー、そこにある「リスク」は、誰でも認識可能なのにも関わずに、あえて、恣意的に、故意に、「する」ってことだろーからさー。
そう、そう、そう、「危ない」と感じた方々はさー、自分なりに「リスクヘッジ」をしている訳だしさー、覚悟をしている訳だしさー、それが、大人の判断だからなー。
まあ、永遠に「大人になれないぐらいの輩」は、何も考えずにさー、「適当」な人生を歩むだろーけど、まあ、こんなの、「スルー」しておくしかねーからなー。
永遠に「保護者が必要」なぐらいに「稚拙」だとさー、もうさー、目も当てられないぐらいに、困るからなー。
そう、世の中には、その程度の輩もいるから、から、から、厄介極まりない!
これも、親からの「遺伝」だろーなー、しかたがない。
そう、親しか責任が取れない話だからなー。
まあ、親が親だから、それなりの子でしかいられないのかなー?
まあ、なんか、無責任だはなー、本当に、情けないし、「恥ずかしい」はなー。
まあ、とにかく、関与しない様にした方がいいかと思いますよ。
こう言う「超厄介」な輩と関係を持つとさー、その方も、超不幸になるからさー。
そう、そこら中にいるでしょ、こう言う「厄介な輩」がさー。
甘く考えちゃだ~めよ、こう言う厄介な輩はさー、今のうちに、「淘汰」する様にしておかねーと。
このまま、放置してさー、増殖を繰り返してさー、いずれは、人類を崩壊に導くってことになりかねない。
まあ、でも、どうでもいいか、こんなこと、普通にオツムがある輩ならさー、誰でも分かるからなー。
だからさー、北の委員長様もさー、「お仕置き」ってことでさー、「劣った輩」を「少しは淘汰させよう」としているのかも知れないしさー。
そう言う判断ならさー、そりゃー、それで、ある意味、「意味がある」かも知れねーしさー。
基本、「下から数えた方が早い連中」なんてさー、いなくなった方が、コミュニティーって言うか、国家としては、運用しやすいからなー。
そう、「とにかく足を引っぱる」とかさー、「永遠に世話が焼ける」とかさー、「ぜんぜん成長できない」とかさー、もうさー、こんなの、全体を悪い方向に引っ張る原因になるだろーからなー。
って、当たり前に考えると、やっぱり、「ぞーっと」する!
さーて、眠くなってきたからさー、眠れる気がする。
そう、こうしてさー、「安全」、「安心」と、「心の安寧」を保ちつつ、生活ができる「この地」はさー、今の私には、ある意味、「理想郷」だはなー。
「大地震」、「放射線被曝」、「北の攻撃」、「うざい輩」、「レベルが低すぎる輩」とかさー、ここにいると、関与する必要がないのが、超嬉しいしはなー。
日々、「大地震」、「放射線被曝」、「北の攻撃」、「うざい輩」、「レベルが低すぎる輩」とかにさー、邪魔され、関与され、狭くて、騒がしいところで生活するなんて、今さら、あり得ねーからなー。
まあ、そう言う生活はさー、ある意味、「修行」だからさー、そりゃー、「修行が足りない」と思っている輩がやればいいだけであり、私はさー、すでに、「卒業」しているしさー。
こんなの、あとは、そいつの人生観だけの話であり、己の人生は、己で決めて、時として、無限責任を背負い、生きていくしかねーからなー。
まあ、こう事が出来る人を、私は、「素敵」だと、評価するはなー。
出来ないと、まあ、「まだガキんちょ!」って感じにしか思わないしさー。
まあ、「永遠のモラトリアム」から抜け出せないとかさー、今の世の中、「超面白い方」とかいるみたいだけどさー、まあ、こんな奴と知り合いになったら、こちらが、致命傷を食らいそうだからさー、逃げねーとなー。
そう、とにかくさー、一昔前ならさー、「生きていけない輩」がさー、「生き続けている」気がするからさー、超、超、超マズい気がする。
そう、そこまでしてさー、ある意味、「劣った個体を保護」する必要があるのかねー?
そこまでしてさー、あえて、「劣った遺伝子を残す意味」って、どこにあるのかねー。
まあ、どうでもいいか、所詮、他人事ってことでさー、割り切ればいいだけだからなー。
スポンサーサイト




テーマ:適応障害 - ジャンル:心と身体


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

相互リンク等

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

RSSフィード