FC2ブログ
適応障害で脊椎管狭窄症だけどタイに憧れ→国籍離脱計画
早く日本から逃げ出し、安心して暮らせる様になりてー。
プロフィール

 

Author: 
30代前半から適応障害を何度か繰り返すが、未だ回復しない休職中サラリーマン。その後、脊椎管狭窄症を発症し、毎日、痺れて痛い。一生治らないのかなぁ~。一方、日本国籍離脱の憧れは募るばかり。と、勝手にほざきつつ、実は「単なる日記」じゃーねーの?

FC2カウンター

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

未来は、なんとなく分かるが、具体的には?
さーて、なんらかんら、今日は、『安息日』みたいだったはなー。
そう、この世には、とにかく目先の利益を最優先して、休みもとらずに『なんらかの作業』をし続けている輩も、死ぬほどいるだろー。
まあしかたがない、お金儲けなんて、いつ出来なくなるか、分かったものでもない。
そう、未来は、『なんとなく分かるかもしれない』けど、『具体的には分からない』からなー。
儲けられるうちに儲けて、適当に逃げ切るあたりが、まあ、無難な生き方だはなー。
間違っても、サラリーマン生活が一生続くとか、悲しい誤解をしたら、そいつは、時として、『人に非ず』ぐらいに、没落するだろーからなー。
まあ、己に市場価値がないとか、売れる強みがないとかなったら、まあ、サラリーマンでも、『退職勧告』から、『リストラ』に回されて、、、、、って感じ。
所詮、己の力で、生きていけない輩は、その程度の人生で終わりそうだからなー。
まあ、これも、そいつしだいだし、『劣っていそうな輩』には、誰も関与しないのが一番だからな。
そう、私は、そんなことに付き合うような『物好き』ではないんです。
だから言いましょう、このあたりの輩をターゲットに『利権化』して、それで喰っている輩も、相当数いるでしょ。
例えば、正規のヴィザもとらずに、海外で、『自称ボランティア』と称して、結局、違法な行為を平気でやっている輩もいるでしょ?
まあ、こんな輩も、所詮は、『居場所がない劣った輩』とでも、認識してあげていればいいだけで、まあ、出会ったら、適当に、『笑ってやる』ぐらいしかない。
まあ、本人を目の前にして笑うことはないけど、いろいろ聞いてやって、なんて答えるかをボイスレコーダーにでも記録してやろう。
そうして、後で聞き返すと、きっと、生理現象として、『笑いが止まらなくなる』はずだろ?
まあさー、いいのよ、所詮、その程度の輩であり、『利権化してお金儲け』なんて、そこら中で、試みられているからなー。
まあさー、こんなの、『己よりバカな輩をいかに洗脳するのか?』とか、そんな能力が問われているだけだからー。
そう、きっと、『洗脳される側』は、精神的とか、金銭的とかの『焦り』とかもあり、『入れ食い』みたいに釣れる時もあるだろ?
そう、己が、『利用される』ことが分かっているのだろうけど、まあさー、『おまんま食らう』為には、背に腹は代えられないはなー。
日頃から、自分の力で生きていくマインドや努力をし続けていたら、こんな『利用される人生』になることも、ないんでねーの?
まあさー、こんなの、他人事だから、どうでもいいか。
どうなってもいいけど、『現代の貴族』なんかに『出世』して、『税金泥棒』って言われない様にしたほうがいいかと思います。
と、私が、勝手にほざいたところで、世の中、何も変わらないし、『あんたも変わらない』から、どうでもいいか!
さーて、衰退が進み行くお国は、どうするのかねー?
まあさー、今さら、衰退を止めるなんて無理だろうし、時間もお金もないんだろ?
じゃ、なるようにしかならないだけであり、たぶん大方の輩は、『悲劇のヒロイン』を演じながら、誰にも助けてもらえず、『滅びていく』ぐらいだろ?
まあさー、そんな感じのストーリーを描けていればいいだけだろ?
所詮、リスク管理が出来ている輩は、とっくの昔に、『安全地帯』に逃げ込んでいて、『安全安心』を感じなから、『己の一族が生き残る術』を考え続けているだろーからなー。
まあ、『出来る輩は出来て、出来ない輩は出来ない』だけであり、これが、完全なる実力主義による生存競争だろーから、『望ましい』に違いない。
まあ、ダメな輩は、ダメな輩同士で、つるんで、適当な人生でも送るしかないからなー。
まあ、結果がどうなるかなんて、具体的に細かく分かる輩なんて、いるはずがないから、あとは、完全なる『自由意思』で、完全なる『自己責任』で生きていけばいいだけであり、生きていけない輩は、まあ、まあ、まあ、、、って感じで、バカにされて、死んでも陰口を叩かれるだけで、一族は永遠の負け組扱いだろ?
そう、なんか、『普通の輩』と、『劣っている輩』との差は、『別の生物じゃねーの?』ぐらいの違いがある気がする。
まあ、どうでもいいか?
私は、『ブサメン超貧乏負け組老人』を称しているものの、『某衰退国の普通の輩』に比べたら、遥かに、、、。
そう、あいつら、私から見たら、『かなりマズいんじゃねーの?』系だからなー。
まあ、所詮、年俸10億円(約USD1,000,000)プレイヤーとかにならないと、世の中、『本気で一人前扱い』なんてしてくれないのは、明らか、明らか、明らか、明らか、明らか、明らか、明らか、明らか。
もし、そうでもないのに、『周りから一人前扱いされている』と感じていたなら、それは、『マズい輩や劣った輩が群れている』だけだろ?
そう、類は友を呼び、同類で群れているだけであり、端から見たら、『レベルが低すぎる』とか、『民度がマズい』とか、『烏合の衆』とか、そう揶揄され、陰口叩かれるぐらいだから、まあ、私は、避けるし、関与しない訳ですなー。
とにかくさー、マズい輩と関与すると、恐くてしょうがない。
そう、『まともな方々』から見たら、『超マズい』、『お前も同類か?』と、『明確な区別』をされてしまうからなー。
そう、私は、『まともな方々』からの評価を気にするだけであり、『その他の輩』なんて、所詮、関与しないし、『別の生物』ぐらいの感覚でしかないからなー!
そう、常に、上を目指して、成長しなければならないから、私は、『私より劣っていると認識できる輩』の存在を否定し、私が常に『最下位』の立場で、成長し続けたいからなー。
烏合の衆とかの中で、それなりに『優れている』と、評価して頂いても、まあ、『侮辱された』と捉えて、『惨めなだけ』だからなー。
人間、レベルを落としたければ、いつでも、どれだけでも出来る訳で、そんなの『第一線では活躍できない輩』がすることだからなー。
まあ、歳をとって、ガキンチョや若造を集めて、『偉そうな面』をすることなんて、超レベルが低い輩でもできるから、私が、そんなことする訳がない。
私は、無限に成長したいだけだからね!
スポンサーサイト




テーマ:適応障害 - ジャンル:心と身体


カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

相互リンク等

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

RSSフィード