FC2ブログ
適応障害で脊椎管狭窄症だけどタイに憧れ→国籍離脱計画
早く日本から逃げ出し、安心して暮らせる様になりてー。
プロフィール

 

Author: 
30代前半から適応障害を何度か繰り返すが、未だ回復しない休職中サラリーマン。その後、脊椎管狭窄症を発症し、毎日、痺れて痛い。一生治らないのかなぁ~。一方、日本国籍離脱の憧れは募るばかり。と、勝手にほざきつつ、実は「単なる日記」じゃーねーの?

FC2カウンター

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

細菌兵器が「意識高い系」を産み出した!
さーて、今日も、ICBMが飛来することなく、私としては、幸せだったはなー。
この、「びびる必要がない」感じは、何事にも代えられないだろ?
そう、私は「超小心者」だからさー。
まあ、核弾頭が相手だと、屁の突っ張りも、ぜんぜん威嚇にさえならないからなー。
つまり、いくら意気がっても、北の委員長さまには、痛くも痒くもない!
まあ、常識的に考えれば、誰でも分かるからなー。
つまり、分からないと、、、、、。
まあ、人様のことは、どうでもいいか、各自でなんとかなさるのが、大人として当たり前だからなー。
ってことで、足の痺れは、まだまだ続くだろうけど、私は、私が生き残るために、不断の努力を続けねーとなー。
頼れる輩もいない代わりに、頼ってくる輩も拒否るので、私は、私の力で生きていかねーとさー。
まあ、あとは、今までの経験に基づいたスキルもあるし、大人の武器もあるし、使えるものは使わねーとなー!
身につけたスキルは、現実に応用できて、意味があるからなー。
知識だけ豊富とかさー、あんなのマズい生き方だろうからさー。
だって、実戦に基づいたスキルになっていないと、いざ応用する時に、細かい事務手続きとかを「想定できない」し、「出来ない」でしょ。
だから、こう言う「頭でっかち」で、「やれない輩」は、「意識高い系」と、陰口を叩かれるはず。
おおかたの皆さんは、分かっているのよ、「知識と経験に裏付けされたスキル」の大切さをね。
だから、まあ、起こるべくして、この様な「陰口」は叩かれるのよ。
現実を把握できていない机上の空論で、物事を考え、悲しいかな、それを「自慢になっていない自慢」をし、やらせてみれば、「出来なくて失敗」となると、、、。
まあ、世間は「意識高い系」と揶揄するだけでなく、そいつは、「信用できない輩」であり、「信頼して事を託すとマズい輩」としか、捉えることか出来なくなる。
そんな輩に、積極的に話し掛けてくれるのは、「詐欺師」などしかいないからなー。
まあ、これが、現実を知らずに、悲しいかな、「努力になってない努力を繰り返す」のが、「死ぬほど大好き」な輩なんだね。
まあ、まことに、「面白い趣味」の持ち主だ~ね!
まあ、私が、暇すぎて、腑抜けになっちまって、死にそうになったら、しかたねーから、相手してあげるね。
ただし、頼むから、「悲しい誤解」や「根拠のない過信」で、話すのは止めてね。
そんな基本的な知識を机上の空論でフィクションに仕立ても、おおかたの輩は、「詰めが甘いから失敗するしかない」としか、評価しないから。
まあ、腹を抱えて笑われてさー、笑ってオナラが止まらなくなる気がするね!
まあさー、いいか、こんな輩と、絡んでやることなんて、あっても、「拉致されて拷問される」時ぐらいじゃねーかなー?
下手に絡むとさー、変な病気を移されかねないからなー。
そう、「バカ菌」とか、「アホ菌」とか、「マヌケ菌」とか、あれって、移されると、超マズいことになるらしいからなー。
根拠が不明なとある説ではさー、どうやら、細胞膜を破って侵入し、染色体に潜り込み、遺伝子配列を代えてしまうらしいからなー。
まあ、人によっては、「現代の最強細菌兵器」は、「バカ菌」だと言う人もいるらしいからなー。
超恐い、「バカ菌」、「アホ菌」、「マヌケ菌」!
とにかく、この様な菌からは、遠ざからないと、本当に、やられたら、それでお仕舞いになる気がする。
あー、北の委員長さま、こんな超怖い「細菌兵器」をばら蒔かないで下さいよ。
やっぱり、細菌兵器は、恐わすぎるのよ!
あれ、あれ、あれ、私は、私は、私は、いったいなにを誤解していたんだ。
そう、某衰退国には、死ぬほど「バカ菌」、「アホ菌」、「マヌケ菌」に感染した「意識高い系」がいるってことは、、、、。
すでに、工作員により、この細菌兵器が、ばら蒔かれているに違いない?
そう、そう、そう、やっぱり、戦いは、ずっと前から始まっており、すでに、某衰退国は、壊滅的なことになっていると言うことか?
そう、学生団体を名乗る国籍不明の輩が、国会議事堂前あたりで、某衰退国における「人身売買≠ってか、「内臓売買」について、酔いしれながら、熱弁していたからなー。
あいつ、今ごろどうしているのだろうか、まあ、「内臓売買」に関与している可能性もあるので、警察に任意同行を求められ、詰問されるのは当たり前であり、もしかしたら、主犯なのか?
まあさー、とにかく、「反政府的分子」と思われても、身から出た錆に過ぎずだし。
あー、あー、あー、気になる、気になる、気になる。
そう、今、この瞬間にも、「内臓売買」に関わっているのだろーか?
なんか、超、超、超、恐いのよ!
某衰退国にいると、内臓を盗まれてしまうのではないかと言う、この「とてつもない恐怖」。
まあ、私は、やっぱり、某衰退国は、無理だ~!
スポンサーサイト




テーマ:適応障害 - ジャンル:心と身体


カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

相互リンク等

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

RSSフィード