FC2ブログ
適応障害で脊椎管狭窄症だけどタイに憧れ→国籍離脱計画
早く日本から逃げ出し、安心して暮らせる様になりてー。
プロフィール

 

Author: 
30代前半から適応障害を何度か繰り返すが、未だ回復しない休職中サラリーマン。その後、脊椎管狭窄症を発症し、毎日、痺れて痛い。一生治らないのかなぁ~。一方、日本国籍離脱の憧れは募るばかり。と、勝手にほざきつつ、実は「単なる日記」じゃーねーの?

FC2カウンター

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

「いじめっ子」が「いじめられっ子」にヤラれる!
いよいよ、来る、来る、来る、来る、来る、来る、来る、来る、来る、来る、かも!
そう、北の委員長さまは、ミサイル配備を完了したらしいぞ。
もうさー、いつでも、撃ち込めるだろ?
まあ、北の方々にとっては、某衰退国なんて、「祖父や祖母や親の敵(かたき)」だからなー。
某衰退国の侵略がなかったらさー、南北に分断されることもなかったはず、と、ずっと恨んできたのだろーからなー!
まあさー、某衰退国は、「武力を使い恨まれること」をやってきたのだから、それなりに思われても、仕返しされても、しかたがない。
っとことで、私は、高みの見物以外にすることがない、ない、ない、ない。
だって、今まで、さんざん警告をしてきたつもりだからさー、あとは、それを各自がどう判断するかぐらいだろ?
私の意見から、リスクを見つけて、「回避」するために、「逃げ出した輩」もいるだろうしさー。
こんなの、各自で、考えて、各自で、「出来ることをする」ぐらいしか、現実には答えがないだろーからなー。
まあ、いくら、政府に泣き付いたところで、迎撃することを試すぐらいしか出来ないから、数発、数十発のミサイルで狙われたら、まあ、数発は、某衰退国に着弾し、核や細菌兵器による大規模被害は、そりゃー、想定の範囲内でしょ。
鹿児島、愛媛、若狭湾と、稼動している原発もあるのだから、まあ、通常弾頭が着弾しても、原発からは、放射能が撒き散らされて、もはや、数万年は、人間が住むところじゃなくなるだろ?
まあ、これも、そもそも、某衰退国が、侵略したから、たから、その報復が始まるだけだろ?
まあ、よくいたでしょ、小学校とかにもさー。
「いじめっ子」と「いじめられっ子」の関係だな。
こいつらが、成長して、社会に出た暁には、立場が大逆転とかさ。
「いじめっ子」は、個人事業主や零細企業で、「いじめられっ子」は、官僚とか。
まあ、とうぜん、「いじめっ子」は同窓会に行っても、「いじめられっ子」の顔色を伺い、許認可について、「ごますり」をせざるを得ない。
でも、「いじめられっ子」は、過去の「いじめ」を決して許す訳がないから、「いじめっ子」に、永遠に無理難題を出し続ける。
まあ、こんなの、そこら中で聞く話であり、まあ、「いじめっ子」は、首を吊るか、犯罪者か、現代の貴族ぐらいにしかなる「能力がなかった」ってことになるはなー。
まあ、悲しいかね、小学校時代の「いじめっ子」の、その「バカ丸出し系」の「稚拙すぎる」考え。
まあ、大人になって、いくら後悔しても、同窓会やご近所さんでは、「大爆笑ネタ」で「笑われ」て、5年もすれば、飽きられて、完全に存在すら忘れられて、って感じだ~!
まあ、こう言う風に、某衰退国もなっても、しかたないからなー。
そう、それに値することを、してきたのだろうから、こりゃー、立場が変われば、まあ、良くて「奴隷に出世」ぐらいに考ておくしかないからなー。
まあさー、何度も言うけど、第二次世界対戦まで、某衰退国は、好き勝手にやってきて、負けて、完全なる敗戦国と決まったので、まあ、諸外国の「怒りの矛先」は、某衰退国に向くのであり、こいつらからの「無限に続く嫌がらせ」に耐え続けなければならない。
嫌なら、もう一度、世界対戦を仕掛けて、完全勝利すればいい。
まあ、「不可能」だろーけどさー。
つまり、永遠続く嫌がらせに、「耐え続ける運命しかない」からなー。
まあ、某衰退国の輩の多くは、何が楽しくて、某衰退国に留まるのかね?
結局、「井の中の蛙、大海を知らず」系か~!
まあ、どうでもいい、とにかく、私のいる「この地」は、「強盗殺人」はあっても、「北のミサイルの射程圏内に非ず」だから、「対岸の火事」として、見ていてやる。
私ごときの「ブサメン超貧乏負け組老人」が「出来ること」なんて、その程度しかなく、だから、「私のリスク管理」として、私は、私の判断で、某衰退国を「捨てて」、「逃げ出した」に過ぎない。
私のように「逃げ出す」能力をもってして逃げ出した輩は、今ごろ、「安全」や「安心」や「心の安寧」に包まれ、恐怖に苛まれることなく、自分の人生を生きているのだろーなー。
まあさ、これらは、各自の「考え」と、「判断」と、「行動力」とで、決まるからなー。
出来る奴は出来るし、出来ない奴は出来ないし、やらない奴はやらないし。
でもね、大人なんだから、自分の判断ミスを、人様のせいにしちゃダーメよ!
皆、何が大切なのかを真剣に考え、そうして、己の責任において、行動に移すのであり、判断が違って、一部の輩は悲惨な最後を迎え、一部の輩は幸せな人生を生きていけるでしょう。
大人なんだから、決して、「嫉妬」してさー、「生き延びた輩」に、「怒りの矛先」を向けてはダメです。
そう、まず、「己を恥じ」て、十分に「反省」し、すべてを「捨て」て、一から出直しなさい。
これが、大人の「普通の生き方」であり、、、。
そう、まさか、まさか、まさか、、、。
「永遠の幼稚園児」みたいに、「無様な真似」をしたら、まあ、「死んでも笑われる」だけだからな!
世の中、こんな「劣った輩」を必要にするのは、こいつらを利用したがる「詐欺師系」だけだからなー。
まあ、「判断ミス」により、現代の貴族にでも大出世したければ、すればいいだけであり、誰も止めないでしょう?
そう、現代の貴族様なんて、雲の上の存在だから、誰も「相手にする」訳が、ない、ない、ない。
スポンサーサイト




テーマ:適応障害 - ジャンル:心と身体


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

相互リンク等

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

RSSフィード