FC2ブログ
適応障害で脊椎管狭窄症だけどタイに憧れ→国籍離脱計画
早く日本から逃げ出し、安心して暮らせる様になりてー。
プロフィール

 

Author: 
30代前半から適応障害を何度か繰り返すが、未だ回復しない休職中サラリーマン。その後、脊椎管狭窄症を発症し、毎日、痺れて痛い。一生治らないのかなぁ~。一方、日本国籍離脱の憧れは募るばかり。と、勝手にほざきつつ、実は「単なる日記」じゃーねーの?

FC2カウンター

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リスクマネージメント力、『無し』だね!
さーて、昨夜から今朝にかけては、襲撃はなかった様だなー。
まあ、まあ、まあ、俺を殺せるものなら、殺してみればいい、出来るかな?
まあ、詰が甘いと、返り討ちにあって、分からねーけど、『サメの餌』になることが出来るかも!
まあ、『アホな生命体』から、『サメの餌』になれるのだから、大出世だはなー、がは、は、は、、、
まあ、まあ、まあ、時間はあるし、十分検討してからさー、うまくヤッてよね、それが、あんたの成果だからさー。
もうさー、某衰退国にいた時とかさー、アホな輩は、なんでも、バレバレで、すげー面白れー輩とかいたからなー。
なんかさー、いろいろ聞いていると、なんか、誰でも分かる嘘をつきまくってさー。
影では、大爆笑されていた、そいつ。
まあ、その程度の性能だから、社会人になっても、上手くいかないのは明らかで、実際、上手くいかなかったみたいで、そのうち、他界したらしい。
誰も相手にしてくれなくなったんだろーね。
まあ、性能のなせる業は、素晴らしいね。
うまく、淘汰の仕組みが、出来ている気がしないでもない。
まあ、あいつも、一生懸命生きたのかも知れねーけど、いかんせん、己の才能と、その才能をどう使うかってところを、考える能力がなかったのだろうね。
まさに、性能のなせる業ですなー。
まあ、あいつ、結局、生まれてきた意味もなかったんじゃねーのかなー。
まあ、確認したきゃ、産んだ親にでも聞くしかないけど、そんなアホみたいなことは、する訳が、ない、ない、ない。
ってことで、例えば、この程度の輩を、ヒットマンとして送り込んでも、まず、成功しないはなー。
そもそも、アホを『テロリスト』や『ヒットマン』に養成してもさー、性能がマズ過ぎるからさー、しくじりかねないぜ。
まずは、それなりに性能が高い輩に狙いを定め、幾重にもトラップを仕掛けて、致命的な弱みを握り、そいつを利用して、うまくヤラせないと、だ~めよ!
基本中の基本だろ。
そいつが、トラップに引っかからなかったら、そいつの身内にトラップを仕掛けるのよ。
特に、何も考えてない、好奇心旺盛な輩とか、すぐにトラップに引っかかるぜ。
リスクマネージメント力、『無し』だね!
あとは、そいつを自由自在に操ればいい。
所詮、その程度のトラップに引っかかるようでは、社会から消えも、世の中、全く変わらないからね。
ゴキブリが、ゴキブリホイホイに捕まって、死んだぐらいの感覚だはなー。
まあ、とにかく、マズい輩がいたと言う事例だはな~。
ああは、生まれたくないはなー。
親になってはいけなかった親は、ろくに考える能力すらないから、まあ、ガキに期待できる訳もない。
このガキは、餓鬼だな。
仕方がない、親の遺伝子が、ガキに遺伝しているねだからね。
やはり、マズい輩が親になるから、マズいのよね。
まあ、マズい輩は、『マズい』と、自覚する能力がないし、人様に指摘されても、認識できないし、そもそも、その程度だから、指摘してくれる友達もいないからな。
成長する能力もないだろーから、永遠に、『マズい輩』から、脱皮できない。
まあ、だから、人は言う、
『バカは死んでも治らない』
『バカは遺伝する』
と。
やはり、そうなんだろーね。
個体差は、いかんともし難いからね。
まあ、マズい輩とは、とにかく、関与せず、私は、私の道を進むに決まっているだろ。
マズい輩と付き合って、『同類』に見られるのは、恥ずかしいどころではない。
スポンサーサイト




テーマ:適応障害 - ジャンル:心と身体


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

相互リンク等

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

RSSフィード