FC2ブログ
適応障害で脊椎管狭窄症だけどタイに憧れ→国籍離脱計画
早く日本から逃げ出し、安心して暮らせる様になりてー。
プロフィール

 

Author: 
30代前半から適応障害を何度か繰り返すが、未だ回復しない休職中サラリーマン。その後、脊椎管狭窄症を発症し、毎日、痺れて痛い。一生治らないのかなぁ~。一方、日本国籍離脱の憧れは募るばかり。と、勝手にほざきつつ、実は「単なる日記」じゃーねーの?

FC2カウンター

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ピカドンが、東京で起きるかも!!!
なんか、なんか、なんか、次にミサイルが向かうのは、東京上空らしいじゃねーか?
もしかしたら、『ピカドン』が、起きるとか。
まあ、よく分からないけど、リスクがあるなー。
リスクが見えてきた今、皆さんはどうするのか?
まあ、おおかたの輩は、『何も出来ない』のかと。
あまりに、今の生活で、既得利権に染まりすぎているから、無理だろ?
物事は、根拠のない自信で、始めだすと、破綻する場合が多いからなー。
そう、どうしようもなくなって、淘汰の対象になる訳ですなー。
まあ、そいつの性能は、その程度ってこと。
しかたがありませんね、自分のケツは、自分で拭かないとね、大人なんだからね!
ってことで、私は、私の力で生きていくことを、死ぬまで続けねーと。
私には、マズい人間になれる能力が、まだ無いから、現代の貴族になれないし。
知り合いを利用して、返せないお金を借りると言う名目で、奪ったりしない。
まあ、こう言うことは、人間がやることではないと思っているしね!
ヤバい時に、人様を利用して打開しようとしても、まあ、失敗するだろーからなー。
人様のふんどして相撲をとっても、『甘え』が残るから、まあ、ダ~メだと思いますよ。
本当に成功させたかったら、自力でやらないとね。
いつまでも、人様に頼っていては、幼稚園児から抜け出せないはなー。
まあ、たぶん、親が親なら、子も子だと思うけどね。
先天的な遺伝による性能差は、親にしか、責任がとりようがないからね。
その性能の悪さは、政治や社会に文句を言うのは筋違いであり、親に文句を言うぐらいしか出来ないよ。
まあ、その程度のことさえ分からないから、なんか、マズい行動しか出来ないのだろーけど、世間は、皆さん、分かりきっている。
だから、あんたと関わりを持たない様に、あんたを避けるだけ。
あんたが付き合えるのは、同類と呼ばれる輩が群れた時だけだ~ね。
そう、類は友を呼ぶから、同類で群れて、勘違いをして、稚拙な行動を繰り返す。
ありがちだーね、オツムがヤバいことになっているとしか見えないから、余計に、普通の方々は警戒し、一切の関わりを絶たれる。
そう、学生団体を名乗る国籍不明の輩とか、典型的な例でしょうね。
マズいだろ、あいつら。
移植用の内臓の売買に関わっている疑惑もあるし、近づくとヤラれそうで、恐すぎる。
本当に、ああ言う連中とは付き合わないか、どうしても付き合わざるを得ない場合は、相当な距離を置くしかねーよ。
国会議事堂の近くで、内臓の売買のスピーチをして、自分のスピーチに酔いしれて、挙句のはてには、動画サイトに投稿し、最後は、就職活動で、不利になること恐がり、反省する能力がないから、なんでもかんでも政治や社会の責任にする。
まあ、これほど、劣り過ぎると、もはや、助けようがありませんよね?
たぶん、就活していても、声をかけてくるのは、『工作員へのスカウト』ぐらいしかいねー気がする。
まあ、最初から分かっていた話ですね。
小学生でも、想定可能なことであり、ましてや、大学生とかになって、その程度のことさえ分からないと、、、
ね、ね、ね、超恐いだろー、こいつら。
マジで、マズいだろ、こいつら。
今頃、世界に散りばり、工作員として活躍している気がする。
私を狙う輩も、きゃつらを工作員として送り込んでいるのだろーなー。
たぶん、きゃつら、薬を打たれ、洗脳され、工作員訓練を突破し、もはや、『兵器』に仕上げられているから、かなり、手強いぞ。
元々、ボロ糞に劣った輩でも、薬とか使われて兵器にされると、兵器としては性能が低いかも知れないけど、自爆テロぐらいはできるだろーからなー。
きゃつら、失うものもなく、最初から正常な判断すら出来ないくらいの輩だろーから、なんでもしでかすだろーね。
超、超、超恐い!
スポンサーサイト




テーマ:適応障害 - ジャンル:心と身体


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

相互リンク等

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

RSSフィード